• このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーアクセサリーで様々なブランドが扱い出したイヤーカフ

近年ではピアスやイヤリングに変わって耳元のおしゃれとしてイヤーカフを制作するブランドが増えてきています、特にシルバーアクセサリーではその重厚感溢れる雰囲気からシルバー製のものはメンズレディース共に人気があります。
耳に穴を開ける必要はなく、耳を挟み込む形ですがイヤリングのように押さえつけて固定しないタイプです。で装着の簡単さと豊富なデザインのバリエーションから様々な年齢層から好まれています。

ブランドごとに様々なデザインのあるイヤーカフ

一口にイヤーカフと言っても、その形状や付ける位置によって様々なバリエーションがあります。
まず、単純なリングや三角形といった形を基本としたタイプです。この形状の場合は耳に挟み込むか耳の上にかぶせるように装着します。シンプルな形状が多く、いくつか重ねたりピアスと組み合わせて使用できるため、その日の気分によってデザインを変えることが出来ます。
2つ目に、耳全体に引っ掛けるフック型があります。大ぶりで存在感がありますので一つ身につけただけでも非常にインパクトが出て良いアクセントとなります。付け方は、耳の後ろからフックを掛けるだけですのでとても簡単です。
留め具がクリップになっているタイプは、一番簡単に取り付けられます。クリップを開いて挟み込むだけで装着できます。大きいサイズのものに、多く見られます。
最後にリング型とピアスを、チェーンで組み合わせたデザインがあります。一見してみるとどのようにつけているかわかりにくいですが、付け方はリング型とピアスの両方をつけられれば簡単に装着できます。

イヤーカフを装着する際の注意点

付けやすいアクセサリーですのでどなたでも使用できますが、うまく装着するためにはちょっとしたコツや注意点があります。まずリング型をつける際に、耳を少し引っ張って薄くしておくとつけやすくなります。それでも耳が痛くなる場合は、挟み込む部分の隙間が耳の厚さよりも狭くなっている場合があります。もう少し隙間が広いものに交換しましょう。
また重さによって、徐々に痛くなってくる場合もあります。そういった場合は耳を休めるために一旦取り外すか、耳を休める日を設けると良いです。イヤーカフがすぐに取れてしまう方というのは重すぎたり、挟み込むタイプの場合は耳の厚さが足りない場合が挙げられます。軽いものに交換するか、フック式のイヤーカフに変えてみると良いでしょう。

ピックアップ記事