• このエントリーをはてなブックマークに追加

金属アレルギーに対処したシルバーアクセサリーのブランド

世の中には長い時間金属でできたアクセサリーを装着していると、接地している部分が痒くなる方がいます。症状の重い方は、かぶれてしまうこともあります。しかし、これは金属に対して体が過敏な反応を起こしているもので、すべての金属反応するわけではありません。
近年ではシルバーアクセサリーでもアレルゲンフリーの銀を使用し、長時間つけても痒くならないというのを宣伝しているブランドも存在しています。アレルギーを起こす銀と、起こさない銀には明確な違いがあります。

シルバーアクセサリーは純銀では作られていない

シルバーというと、純銀が使われていると思っている方もいますが、完全な純銀で作成すると銀自体が柔らかすぎて刻印や模様が潰れてしまうという欠点があります。そのため、装飾用の銀には少し混ぜものをして、どこかにぶつけても、変形しない程度の硬さを与えています。銀の名称は混ぜ物の含有量によって違ってゆき、刻印の数字によって見分けることが出来ます。最も使用される925の刻印は全体の92.5%が銀で残りの7.5%は別の金属によってできています。銀の含有量は他にも950や900があり、それぞれ別称として950はブリタニアまたは五分落ち、925はスターリングシルバー、900はコインシルバーとも呼ばれています。スターリングシルバーのスターリングというのは本物や価値のあるという意味で、イギリスで昔コインに使用していたことから名付けられました。ちなみに、純銀の場合は刻印が1000となります。

銀では金属アレルギーにならない

皮膚科のお医者さんの話によると銀は非常にアレルゲンになりにくい金属だとされています。しかし、実際にシルバーアクセサリーを使用して付けている部分が、痒くなる人も存在します。これは、装飾用の銀に混ぜものがされているのと関係があります。銀の中に均一に混ぜられている金属が症状を引き起こし、金属アレルギーの原因となるのです。混ぜ物に使用されているのは主に銅で、金属アレルギーのうち7.3%が銅による原因となっています。シルバー925を使用する利点として、頑丈さ以外にも鋳造しやすく摩耗しやすいなどがあります。アレルギーを持っている方は純銀を使用しているブランドや、アレルギー対策として混ぜものを銅の代わりにアレルギーになりにくいものを使用しているブランドを選ぶと良いでしょう。

ピックアップ記事